EPUB 第18回 EPUB 3制作の現場から II *

■日時    2013年1月18日(木) 15:00~17:30
■開催場所  飯田橋:研究社英語センター
■参加費   JEPA会員社(無料)、非会員社(2000円)
■参加者   175名
■Twitterまとめ http://togetter.com/li/442184

 SONY Reader、楽天Kobo、Google Playブックス、Apple iBooks 3.0、Amazon Kindleと、日本でもEPUB 3が読めるデバイスやサービスが揃い、いよいよ、2013年、電子出版が花開く年になります。 EPUBコンテンツ制作に取り組まれている3氏よりお話を伺います。

●電書協EPUB3制作ガイド/緊デジ仕様のEPUB3を作る 三陽社 田嶋 淳 
http://densyodamasii.com/
 印刷データから電書協/緊デジ仕様のリフロー型EPUB3を制作するにあたってのチュートリアルです。XHTMLから簡単に簡単にEPUB3を作る手順、印刷データからXHTMLを書き出す方法などをご紹介いたします。 
 資料: このページの最後に添付。
 参考: 緊デジWiki https://kindigi.wiki.zoho.com/ http://www.kindigi.jp/

YouTube 動画 田嶋さん

 映像インデックス
0:01:40 電書協EPUB3 制作ガイド/緊デジ仕様の「EPUB 3」全体の中での位置づけ 
0:06:13 電書協ガイド/緊デジ仕様でのEPUBパッケージ内各ファイルの扱い  
0:12:26 実際の制作にあたっての流れ/パッケージング・バリデート  
0:19:50 InDesignからのXHTML抽出デモ 
0:55:50 自作ツールでのOPFパッケージドキュメント・目次生成のデモ  
1:07:00 電書協ガイド/緊デジ仕様のEPUB3でのCSS追記のポイント・既存のCSSのパラメータ上書きのデモ  
1:13:18 印刷会社や出版社がEPUB3 制作をするに当たって最低限必要になると思われる要件について  

●GeneMapperの現場から 藤井 太洋 http://genemapper.info/
・チャネル別販売数
・EPUB制作 - 自作ツールによるiPhone執筆環境
・PRの推移
- Phase 0: 公式Webサイト/ドメイン/サポートメール
- Phase 1: 1ホップのソーシャルマーケティング
- Phase 2: Blog、Twitter、リスティング広告
- Phase 3: メディアへの露出(BOOK 朝日.com)/ピンポイント広告/アルファブロガーからの紹介
- Phase 4: 新マーケットオープン対応を利用した広告
・収支(これも概算となります) - チャネル別売上 - 費用(広告、Webサイト、その他)
・Gene Mapperプロジェクトの今後
- 書籍版 - 公式英語版/中国語版 - Creative Commons活用 

YouTube 動画 藤井さん


●電子雑誌トルタル制作におけるソーシャルメディアの活用事例 古田 靖、小嶋 智
http://www.facebook.com/torutaru 
http://kanakanabooks.com/category/books
 制作の全行程を顔を合わせることなくweb上で行なっている現場をご紹介します。特にEPUB化・校正・編集作業に使用しているGithubについて触れたいと思っています。

YouTube 動画


■申込み http://kokucheese.com/event/index/61317/ 【終了しました】
■以前のコンテンツ制作系セミナー
Ċ
下川和男,
2013/01/16 22:09
Comments