EPUB 第22回 マニュアル、ビジネス文書でのEPUB活用 *

日時2013年03月01日(15:00~17:30 (受付開始 14:30))
開催場所飯田橋:研究社英語センター
参加費2,000円(税込) JEPAおよびBPIA会員社は無料
参加98人
■概要 

企業の業務マニュアルは組織の目的を達成するための行動標準を記述したものです。 
業務マニュアルを電子化し、スマートフォン、タブレットなどに入れて持ち歩くことでいつでもどこでも使うことができるようになります。しかし、電子化されたからといって、皆に使ってもらえるマニュアルになるとは限りません。「どのように使ってもらうか」(ユーザビリティ)を工夫したり、マニュアルを不断に見直すシステムが組織の中に必要になります。 

EPUB22木村さん

BPIA(ビジネスプラットフォーム革新協議会)
では、EPUBがマニュアルの世界でも標準技術として普及するとの見通しの下、ユーザー企業の立場から、ユーザビリティを様々な角度から研究しておく必要性を感じ「EPUBマニュアル研究会」を立ち上げました。この活動についてご説明します。 

また本セミナーの第二部では電子書籍制作ツールCAS-UBについて紹介いたします。 

■第一部 BPIA(ビジネスプラットフォーム革新協議会) EPUBマニュアル研究会報告 
15:00~15:30 EPUBによるマイマニュアル・いつでもマニュアルの時代 
講師:片貝システム研究所 研究員 木村 修三 

EPUB22石井さん

15:30~16:00 CAS-UBでWordからEPUBに簡単に変換する 

(Wordで書かれたマニュアルなどをEPUBにする手順とデモ) 
講師:アンテナハウス株式会社 営業グループ 石井 岳美 

16:00~16:20 250ページの業務マニュアルをEPUBにしてみての考察  【資料の配布は行いません】
講師:株式会社イトーキ 企画本部 BPR推進室長 森本 俊彦 

16:20~ 質疑応答 

■第二部 新しい発想の書籍制作ツールCAS-UBのご紹介 
16:40~17:10 ワンソースからPOD用PDF、EPUB、Kindle、XMDFを生成するCAS-UBでデジタルファースト出版に乗り出そう。クラウド・サービスなのでマニュアル、白書、専門書などの共同編集ができます。 
講師:アンテナハウス株式会社 代表取締役 小林 徳滋 

17:10~ 付録:AH Reader概要紹介 
クラウド型EPUB/電子文書リーダー”のWebアプリケーション。XML自動組版エンジンとして世界的に評価をいただいている AH Formatter を組版に使用しており、CSS3拡張、数式、多言語組版対応などに対応。 

質疑応答 

■申込みサイト http://kokucheese.com/event/index/74444/ 【終了】

EPUB22小林さん




小林さん AH Reader

Ċ
下川和男,
2013/02/28 21:38
Ċ
下川和男,
2013/02/28 21:38
Ċ
下川和男,
2013/02/27 17:42
Ċ
下川和男,
2013/02/27 19:40
Comments