付録 Options‎ > ‎memo‎ > ‎

20130425 電子教科書検討会 2

【このサイトは関係者の連絡用です。リンク、Facebook、Twitterなどでの公開はお断りします】

■日時 2013年4月25日 14:00-16:00
■場所 新宿:イースト株式会社 3F 会議室
■参加者 (本日現在、順不同)
 村田さん、田村先生、中嶋さん、田村研メンバー、NEC北瀬さん
 石坂さん、ベネッセ阿部さん、桑野さん、JEPA三瓶さん
 山崎さん、イースト加藤、高瀬、下川
■議題
・現在までの議論の確認
https://groups.google.com/forum/?fromgroups#!forum/etextbookjp (ML参加者以外には見えません)
 「なるべく多くのデバイス、OS上での教科書の稼働」、「HTML5、EPUB技術の活用」
 「電子教科書はこうあるべきだという方針(憲章)の発表」(三瓶さん)
・EPUB、HTML5の今後の動き
 W3CとIDPFの関係、ISO/IEC標準化動向(村田さん)
http://readium.org/ への協力 JavaScriptは?
・教科書体フォントをどうするか? Microsoft(HG教科書体)、Apple(??)、Google(ナシ、モトヤ)
 例)IVS/IVD MJ明朝 http://ossipedia.ipa.go.jp/ipamjfont/
・コミュニケーションツールをどうする
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/spt/ LINEで良いかも?
http://www.w3.org/TR/microdata を使ったHTML5教科書試作 (加藤さん)
 村井先生「オープン標準でシンプルなプラットフォームとして自由度の高い環境を整備したい
・6/5-9 IDPF+JEPA+・・ 電子教科書公開ワークショップ Markus Gylling(IDPF CTO)同席
・10/4 IDPF公開フォーラム計画について (村田さん)
 AHL、EPUBデジュール標準化、電子教科書など
・JEPA「プラットフォーム委員会 電子教科書研究会」について (下川)
 電子教科書のデータ形式、サーバ連携など主に技術的なテーマの研究、検討、試作を行い、広く一般に公開する。 
 JAPET、DiTTなど、他の教科書の電子化を推進する団体と協調して推進する。
 EPUB 3の成功を踏まえ、「コンテンツとビジネスの分離」についての技術に注力する。

※今後の進め方
 技術ML(当面非公開)を別途作り、そこでHTML5教科書アプリについての検討、試作を行う。 code.google
 このMLはJAPET、DiTT、JEPAで活動されている方々の連絡用として存続。過去ログも見られるので、多くの新規追加は難しいかも。

Comments