付録 Options‎ > ‎memo‎ > ‎

20110100 Status Report for EPUB3 CSS 01

 2011年1月、アンテナハウス社が担当している、W3CとIDPFの連絡調整作業についてのElikaさんの報告書です。
 日本文は、アンテナハウス社による参考訳です。
Prepared by Elika J Etemad, W3C Invited Expert / CSSWG-EPUB Liaison
EPUB CSS Profile
 The EPUB3 draft specification now includes a profile of CSS, listing the subset of CSS features that EPUB intends to adopt.The draft includes a warning that some referenced W3C specifications may be unstable and that authors should weigh the risks of using such features.Koji has compiled a detailed list of EPUB CSS features and their status at:
 EPUB3 ドラフト仕様は、現在EPUB が採用する予定のCSS の機能の集合部分を含んでいます。ドラフトには参照しているW3C 仕様のある部分が不安定であるかも知れず、執筆者はそのような機能を使用するリスクを量るべきという警告を含んでいます。石井宏治氏がEPUB CSS の機能とそれらの状況の詳細を以下にリストとしてまとめました。

CSS3 Fonts 
 Overall, the CSS3 Fonts specification is close to, but not quite ready for, Last Call. However the subset of CSS3 Fonts defining the @font-face feature is stable and implemented. This module is primarily held up by the release of Firefox 4, since the editor is a core developer at Mozilla. I expect this draft to go through another Working Draft before reaching Last Call.
 全体的に見て、CSS3 Fonts 仕様はLast Call に近づいていますが、ほとんど用意ができているというわけではありません。しかしながら、@font-face 機能を定義するCSS3 Fonts のサブセットは、安定していてすでに実装されています。このモジュールは主としてエディタがMozillaのコア開発者であったためFirefox4 のリリースによって保持されています。私はこのドラフトはlast Call に到達する前に、もう一つのWorking Draft を通過するものと期待しています。

CSS3 Text 
 Koji and I have created a new revision of CSS3 Text, addressing most of the open issues. The spec is now waiting for CSS WG review and approval for republication as a Working Draft. The main potentially-contentious issue is the addition of hyphenation controls imported from CSS3 GPCM. The main remaining issue to be addressed is white space controls.
 I expect CSS3 Text to require the publication of another Working Draft beyond the one under consideration, and then it should be ready for Last Call. However, it will likely require at least two Last Calls, as I expect the call for comments to elicit substantive issues from reviewers outside the WG.
 石井宏治氏と私は、未解決の問題の大部分を記述して、CSS3 Text の改訂版を作成しました。仕様は現在、Working Draft として再公布するため、CSSWG のレビューと承認を待っています。主に論争を起こす可能性のある問題は、CSS3 GPCM から導入されたhyphenation controlsの追加です。 主に問題になっているのはwhite space controls です。
 私は、CSS3 Text が現在考案中のものの他に、もう一つのWorking Draft の公布が必要と期待します。そして、それが、Last Call の準備段階となるべきです。しかしながら、おそらく、少なくともLast Call は2回必要とするでしょう。なぜなら私は、WG 外のレビューアから実のあ
る問題を聞き出すためのコメントを期待するからです。 ※1 月27 日時点でWG の中で合意していない。

CSS3 Writing Modes 
 This module has also been revised recently and is awaiting CSSWG approval for republication as a Working Draft. Some details of the box model and of the tate-chu-yoko feature have been revised, and the draft received an editorial rehaul. Remaining issues are baseline alignment and glyph orientation, both of which remain to be specified in detail. The target for addressing these issues is February, so that the resulting draft may be discussed at the CSS WG’s March F2F.
 このモジュールも、最近改訂されて、Working Draft として再公布するため、CSSWG のレビューと承認を待っています。box model と縦中横の機能の詳細が改訂と、文章面の見直しを行いました。残された問題は、baseline alignment と glyph orientation です。もう少し詳細を決める必要があります。 これらの問題に対応する目標は2 月で、3 月に開かれるCSSWG 対面会議で結果を協議できるようにする必要があります。
※1 月27 日時点でWG の中で合意していない。

CSS3 Speech 
 This module is being edited by Daniel Weck, an editor appointed from EPUB. He is currently working through the issues, and should be able to publish an updated Working Draft in February. Progress from there will involve coordinating with voice technology and accessibility groups and possibly also with the implementers of CSS2 Speech for EMACS.
 このモジュールは、EPUB から任命されたエディタであるDaniel Weck によって編集されています。 彼は現在作業を終えていて、2 月に改訂されたWorking Draft が公布される予定です。これによって、音声技術とアクセシビリティグループと、もしかしたらEMACS のCSS2 Speechの実装者で調整が行われるといった進展が期待されるでしょう。

CSS Ruby 
 This module not actively edited and will not be ready for EPUB3. The primary feature needed from here is the ruby-position property, which IDPF plans to adopt as -epub-rubyposition if its definition is not stable enough by May.
 このモジュールは、あまり活発に編集されていませんので、EPUB3 には間に合わないでしょう。一番必要とされている機能はruby-position プロパティですが、これはもしその定義が5月までに安定しないならIDPF は-epub-ruby-position として採用する予定です。

Summary
 All CSS modules, aside from CSS Ruby, are on track for potential publication as CR in May/June. However, whether they actually make it to CR in this time frame is uncertain, as it depends on future progress by the editors, on attention from key reviewers, and on what issues are raised against the specs between now and CR.
 CSS Ruby は別として、すべてのCSS モジュールは5 月/6 月にはCR として公開へ向けて順調に進んでいます。 しかしながら、実際にこの時間枠にCR に行くかどうかは不確実です。それはエディタの今後の進歩、主要なレビューアからの関心、そしてどんな問題が現在の仕様とCR間で起こるのかにも依ります。
Comments